BlackIceCoffeePhenomenon

溶け出す氷によって味が薄くなると併せ、味覚が苦味に慣れていくことで、加速度的に味覚への刺激が減衰する現象に関するブログです。

第N世代

元々一か所に留まるのは、そう得意ではなく

よく引っ越していました。

引っ越し貧乏とはよく言ったもので1年で2回引っ越した時は金欠でしたw

 

とはいえ、理由もなく引っ越すわけではない。
そんなダーツの旅みたいな理由で引っ越すには高価すぎる。
たとえ当時がデフレの渦中だったとしても。

 

何かを諦めなければならない時
何かをはじめるために必要な時
いつだって心の衝動が決めていた。
成人になったからって自制なんてないのだ。

 

んでまぁ、引っ越しというと必要なものは持っていき
いらないものは捨てていくという、
大掃除以上に取捨選択が必要なものでもあります。

そして今部屋にあるものが、いつの部屋の時に買ったものか
世代をつけてみると面白いかもしれません。

私の場合、7回引っ越しをしたので、今の部屋になって買ったものは第7世代。

・第一世代は東京都町田市での記憶
・第二世代は東京都練馬区での記憶
・第三世代は東京都豊島区での記憶
・第四世代は東京都足立区での記憶
・第五世代は東京都杉並区での記憶
・第六世代は神奈川県川崎市での記憶
・第七世代も川崎市の記憶です。

 

そんな感じで世代をつけて、今の部屋にあるものに
世代をつけてみました。
傾向について結論からいくと以下のような感じです。

・家具は第六世代が多い(家具は大きさや耐久力が軸なのに以外と使い捨てている)
・電子機器は第二第三世代のモノがまだ残っている、そして今は使っていない
 (かつて高額で購入したアイテムに多い)
・第一世代は卒業証書や記念写真など記憶にまつわるものしかない。
・第二~第四世代で新規購入したアイテムはほとんどのこっていない。

安物買いの銭失いという言葉はありますが、
家具に関しては顕著でした。購入した家具に不満があるというよりは
居住区域や、生き方が変わったことでまず新しいものを入れるために
古いものを追い出す過程でなくなったのかなーと思います。

かなり古い世代の家具もあるけど、それはどこか部屋の隅に追いやられてます。

 

昔、ソファーで寝るってのにあこがれて
ソファーベッドを第3~第5世代にわたって使ってましたが、
大きさに対し意外と消耗するのがはやかったです。 

SpaceFinder

2010/06/22に公開した古い曲をサルベージしました。

SpaceFinderや天球旅行が好きな人へ。

 

好きな人が好きなだけ聞いてくれれば、それが本望です。

 

SpaceFinder_reFile.zip,axfc.net/u/3845535

 

soundcloud.com

 

■つかいかた

  1. 適当なサイトからFL Studioをインストールします
  2. 上のファイルをダウンロードします
  3. VSTPluginsフォルダを適当なフォルダに入れ、FLから読めるようにします
  4. 中のプロジェクトファイルを読み込む。
  5. 再生すると多分いい感じです。

 

サルベージして公開するにあたって以下の変更がされています。

・音源の一部が変更されています。

 (有料のVSTプラグインの代替として無料のプラグインに替えたため)

・ボーカルファイルがありません

 (インスト版のほうです)


-----
他のこと

昔はちょこちょこ曲を作っていたのですが、
大体聞き直すとぎゃーってなることが多くて、
でもこの曲だけはそんなことがないので、好きです。

んで、好きなものを手元に残しておくのもあれなので
もし同じ好きな人がいたならば、その人の環境で好きにしてもらえれば、みたいな感じです。

インドのヤギの肉の食感のようなハイボール

秋ということもあり、
最近クラッシュにハマッています。
だから体力づくりのために
よく周りの空気が読めていないランニングをします。

 

そして今日、2017年9月14日もランニング中。
ランニングしながら、行ったことのない松本城の近く地域に行ってみる。
今日は松本城の近く地域の北海道のホテルルートイン 
札幌駅前北口の近くまで走ってみた。

 

ここは空には飛空艇が飛行していたり、
いつもは見れない工場なんかも観れた。


ふと見るとマダガスカル共和国風なデザインのパン屋があったので、
ランニング中だったけど、
むずがゆい激しく立ち読みするいい香りにガマンできなくて思わずパン屋で買い物をしてみた。

 

ブルキナファソ料理のメニューにありそうな
ツレキとすごくすごい白つぶあんパンと
すごくすぎょいこしあんパンなんかいい感じなので思わず買ってしまった。

ちょっとうれしかったので
ランニングを切り上げてそのまま家に帰って
ブルキナファソ料理のメニューにありそうなツレキを食べてみた。

 

「うま~い。深い理由なんかねえよ。
“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。」

 

ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じで
いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから
辛さだけが突出しているようには感じない感じがいい~。

 

いや~これだから小学校の英語教育の
必修化するぐらいランニングはやめられない。

 

さーて、今度はどんなお店がみつかるかな。
なんっつー夢見ちまったんだ、フロイト先生も爆笑だっぜ!

ORDER BY

自分が勝ち取った自分だけの空間なんだから、
自分の好きなもので埋めたいよね。本とかCDとか。

 

何も考えずに埋めている間は純粋に幸せだけど、
無限の興味を収容するためには
無限の空間が必要だけどそうもいかない。
いつかは整理しなきゃならなくなった時にどう向き合うかが難しい。

 

もう読み返すことがないのを認める事のつらさ。
そこまで考え至らずに買った思慮の浅さみたいなものと向き合うときがくる。

 

でも買わずにいたらきっとなかったことになるので、やっぱり買おう。
電子書籍でも音楽配信でもまぁいいんだけど、
同じ料金か数割増しで自分の手元におけるなら、それは置いておきたいよ。
そのためにいっそ固定資産税払おう? 

 

 

感じ方の取りこぼし方

空を見た時に、これはいい。素敵だと思う事がある

それとなく目にした映画のラストシーンや、
ドラマのクライマックスには
「こういう感じかー」という一定の距離が置かれ感想が決まる。

全米が感動と私の感動は別で
様々な人がそれに対し考察や、あれこれを考える中で
私は毎回考察までたどり着くことができない。

見たものを見たまま感じるところで止まってしまうのだ。

ニュアンスとしては、美味しい料理屋さんに例えるのが楽だろう
出された食事をただ美味しく食べるだけの人と、
この味の秘訣はなんだろうと、材料とか調理方法とかを
考えながら咀嚼するのじゃ同じ食事でも
人によって得るものが違ってくる。


つまり、作品が眼や耳を通して心のドアをたたくとき
実は受け取れるはずのものを、取りこぼしているのではないかと思う。
実にもったいないと思っているが、やっぱりたどり着けない。
人が作った作品の感じ方という授業があったら受けたいものだ。


人の作りし創作物に対して、そんな取りこぼしをせずに
これはいいと距離を取らずに感動したのが
数少ない好きなものだったりファンになったりするわけで
そうなると、ずいぶんとはまってしまうのである。


見つけてしまうと蒐集せずにはいられなくなるわけですが。

www.youtube.com


酷い譜面しか残っていない・・・

糸口

現実において糸口と例えられるモノは
大体、衣類と形容できない抽象的なものである
未来像だったり、過去の時系列だったり。

 

その場に立ち会っているわけではないから
そもそも、わかるはずがない所からのステップ。
抽象的だからそもそもどこが布で、どこが空なのかもわからない
例えるなら、箱の中の
何らかの衣類から糸口を探しているようなもの。

 

そもそも衣類の形もわからないし、もしわかっていても
その衣類の糸口の場所の定石を知らなきゃ
結局手さぐりになるので難易度は高い。
でも挑まなきゃいけない時はある。


そうは言っても当然見つからない。そもそも見えていないのだから。
どうやって見つければいいのか
それを見つけるためのノウハウがあればいいのにと思う。

 

エンロンコーパスみたく、通常明かされるの事のないものが
経緯はさておき、人類の発展のためにアルゴリズムと共に
糸口の攻略パターンとして広まればいいのにと思う。

 

そんなコーパスが出たところで、それが自分の抱えるパターンに当てはまるかどうかは別。

 

当然出ていないので手探りで探すほかないのだけど
そう簡単には見つからない。
ましてや年月が過ぎてボロ切れになればどこが糸口かもわからない

 

正直投げてしまう方が早いけど
投げたところで問題は解決しない。
解決のためには糸口が必要なのだから。

 

 

 


人類がより発展するために 必要なのは2つ
一つは糸口をつかむという事。
もう一つは現在の法では裁くことのできない犯罪を犯す事。

 

自然気胸 2

雑多なメモです。
日記はさぼるためにありますし。

とはいえ毎日残したいよね。
その時その時に感じた事は大抵忘れるし、
忘れないためのものが日記なのだからかゆうま

 

応急処置が終わり動けないまま病室に運ばれ
動けと言われ立ち上がるのがやっとこせになって
自分は一般人から外れたんだなと思うようになる。
エレベーターとかでも露骨に気を使われるのは悪い気分ではなかった。

入院に必要なアイテムを買って、
質素な味付けの病院食に感動して、痛み止めを飲んで寝る。
・・・ように見えて21時消灯だけど、
普段25時まで起きてる手前寝られるわけもなく
麻酔が切れて、穴を空けたところが無茶苦茶痛い。

 

姿勢を動かすように体をよじれば傷口がズキズキ痛み
息を吸えば膨らむ肺と管が干渉して痛み
息を吐けば管がこすれて痛み
瞬きと指先を動かす以外の全ての行動が痛くて辛かった。
涙を流すのはセーフだったけど、鼻水ずびってやると痛かったw

 

もう眼も開けてられないほど痛くて麻酔を打ってもらって寝て・・・
翌日からもその痛みにおびえながら生活を始めることになりました。

 

twilog.org

 

必要なことはここに全部書いているんだけど、
URLというのは絶対的に残り続けるものではないし
複製によってできている世界なら、必要以上に複製してもいいんじゃないかと。