BlackIceCoffeePhenomenon

溶け出す氷によって味が薄くなると併せ、味覚が苦味に慣れていくことで、加速度的に味覚への刺激が減衰する現象に関するブログです。

ParticleのTrailについて(万国旗を飛ばしてみよう)

 16種類くらいの旗を並べてパーティクルとして出る状態にしましょう
あんまり物量出てもあれなので少なめに・・・。

f:id:yananann:20190624221915p:plain

 

パーティクルの粒子をランダムな画像にする方法はこちらの記事にありますゆえ。

http://yananann.hatenadiary.jp/entry/2018/10/25/224105

 

ParticleSystemのTrailのスイッチを入れ、Trailのマテリアルを設定します。
近いけど、こうではない。これは風船とかに向いてそうな

f:id:yananann:20190624222029p:plain

 

モードをParticlesからRibbonに変更すると、放出された粒子をつなぐ感じで

旗同士を結ぶロープができました。

f:id:yananann:20190624222123p:plain

おしまい。応用で何か活かせそうと思ったのですが、むりでした。

 

 

ちなみに粒子の形をトレースする原理を応用すると、
幾何学模様的なアプローチもできます。

f:id:yananann:20190623133950p:plain

 

カーテンコール

今日、誕生日なので。

 

個人の主観的なものについて触れるのも
時にはありかなあと思う次第で。

たまにはメンヘラっぽいことも書かせてくださいよ、ねぇ。

 

---

10年前のpostでも触れてたりするのですが、

 

 https://twitter.com/yananan_/status/2650636810

自分、30歳まで生きてるとかうそくせーなーって思って生きてて
今でも、それなくね?みたいな感じだったりします。

 

人間のピークは10代後半で、20代ではクライマックスの後の余韻だったり
起承転結なら結で、序破急なら急でみたいな
これまでの行動を振り返る結びの時間だと思って過ごしてました。

 

今も十分、奇行と愚行で暇をつぶしながらやってるのですが
昔の自分は今よりもう少し賢くて
「もし30歳で自分が死ぬ運命だとしたら何をしたい?」ってのをテーマに
やりたい事計画的にやろうぜ、みたいなことをしてました。

んでまぁ、何をしたかっていうと。

 

旅が好きだからね・・・

二輪の免許を取って、日本全部回ろうって考えて
本当に免許取っちゃったりして

その日の寝るところもわからないまま鉄馬に跨っては
不安を片手に、場当たり的な旅路を脳裏に焼き付けて

場当たり的に思えて実は目的がしっかりあったりして
本当に日本全部回っちゃたりして。

やる事やって達成したよね、やったねっていう顛末でした。

 

そして今。

30歳までで終わる人生設計は設計通りに目標を達成し
ラスボスを倒した後の勇者の日々は惰性走行で過ごしているようで
・・・やりたいことはやっちゃったしね。

 

なら新しい事何か始めればいいんだけど、そうはいかないのが
感情の物語はもう終わっているという諦観。

 

小学校の頃の2年前は遠い昔のように思え、
2017年なんて昨日のように覚えているのに、何も思い出せなかったりする
こんなありふれた主観はジャネーの法則とかあって
誰もが同じようにそれを感じてきたはずだと思う。

なんなら20代の後半からすでに主観的な心象風景において
過去を凌駕するものも、並ぶものも特になく
このまま盛り上がることもなく終わっていくような感じに
焦りを感じては思い悩むこともあった。

 

その当時の思い悩み、いろいろと試行錯誤しては良し悪しを残していったのは
とても人間らしくてよかったなあと総括します。

いつまでも子供じゃいられないし、ネバーエンディングストーリーはないからね。

 

そして今の、概ね人間としての旬が過ぎてしまったという事実を受け入れた上で
日々を過ごしていくという、この感じも悪くはないです。

 

これまでに得られなかったものを得るのに奔走して、
今年得られるはずだったものが、得られなかったものリストに入るを減らしていきましょうか。

ただ、夏の本質とは得られなかったものを
得るために奔走する事にある。とも付け足しておきましょう。

 

よく言えばとうが立ったと言えるし、

言い方変えればやれているという感じ。

 

 

物語は終わり、カーテンコール。

 


omoide in my head - Number Girl

VRChatでアバターの足元に魔法陣を置きたい。(パーティクルでやる編)

傾向的にファンタジー色強いワールドと、
ファンタジー色あるアバターをよく見ます。

パーティクルだと大体こういうのをイメージするかと思いますが
使い方を変えると色々応用で来たります。

大抵の使い道は大体こういうのなんだけどね。

 

 

また片っ端からハードコピー取りながら載せようかと思ったのですが、
もうすでに何度もやってるし、ちゃちゃっとやっちゃいます。

続きを読む

ほら言わんこっちゃない系の後出しじゃんけん

チャートを見るとき、いろんな倍率で見ることがあります。

BTC/JPYの週足。1年前のバブルから下がり下がり続け、なんか上がってきました。という感じがわかります。
週足なので緑色が最終的に上げ、赤色が最終的に下がった。です。
下の線グラフっぽいRSIは、買いすぎ売られ過ぎのサインで
75以上に振り切れたら買われ過ぎ
35以下に振り切ったら売られ過ぎのサインになります。
それを参考に買ったり売ったりするんだけど、それだけじゃ成功しないのでスパロボの命中率みたいなものだと思ってください。
全体的にはいったん下がりきったようにも見えるけど・・・です。

f:id:yananann:20190513222700p:plain

 

 

そして日足。1日単位のチャートなので7倍に拡大しました。

f:id:yananann:20190513223056p:plain

下のRSIを見ると、ちょこちょこ買われ過ぎては反動で売られ落ちてる、という傾向がわかります。
大きく振れた時に、上下にふわっとしてるのはボリンジャーバンドです。
普段のチャートからどれだけ逸脱しているかの指標なので、振り切ってるときはアツい状態です。
この図だけ見ると落ち切って、上がり始めたように見えます。

 

そして24倍にして1時間足

f:id:yananann:20190513223313p:plain

めっちゃイケイケで上がってるように見えます。
波打ちながら上がっては下がってを繰り返す中で、底値が切りあがっています。
それをサポートラインと読んだりサポラと読んだりするわけですが
上で紹介したボリンジャーバンドの圏内に収まってるときは、
大体このラインをキープする傾向にあります。

12日の日中にはかなり高値を記録し、買われてはいるのですが
RSIを見ると買われ過ぎの傾向は徐々に下がっているように見えます。
高くて買う気が下がっている、持っていれば上がるのだから誰も売ろうと思えないなんてシチュエーションです。

その後落ちるわけですが、それでも全体的に上げトレンドになっていて
サポートラインはキープするだろうなという目論見です。

 

そして最後に15分足

f:id:yananann:20190513223752p:plain

画面中央ちょい左でBTCを売却、画面中央でBTCを買い戻しの流れです。
高く売って、安く買う!!784000で売って、754900で買い戻しなので割りとグッド。

1BTCあたり31000円抜きです。

f:id:yananann:20190513224224p:plain

 

大体決済直後は、若干振れるので一瞬でマイナス2万5千円とか出て
ヒヤッとしますが、そこは自分を信じる方向で楽しみましょう。

 

で、これからどうなると思うんですか?

わからん!
下がってる時に買って上がってるか下がり始めた時に裁くがセオリーです

コンプリート

なんとか平成のうちに日本の端っこを制覇しました。

目的達成といったところです。

諸々含めてレビュー的な奴やります。

 

宗谷岬

f:id:yananann:20190503001830j:plain



到達難易度:★☆☆
達成感:★★☆
北海道のてっぺん。ツーリング好きなライダーには行きたくなる所。
早朝に行けば愛車もセットで写真が撮れる観光地
挑戦時は道道106号線からアクセスするほうが感動もさらに大きい
しっかり観光地化されているだけあって、設備が行き届いてる反面
モニュメントの前に常に人が居て、独占するのは困難。
前日に稚内や猿払に泊まり6~7時にはいきたい

 

納沙布岬

f:id:yananann:20190503001915j:plain



到達難易度:★☆☆
達成感:★★☆
北海道の真横。宗谷岬とセットで行きたいところ。
風景は確実に日本からかけ離れて、そして政治的な雰囲気もあるところ
近場の売店で証明書を入手することができます。
アクセスの際は南側からいくと良い感じの草原からたどり着けます。


神崎鼻

f:id:yananann:20190503002627j:plain



到達難易度:★★☆
達成感:★☆☆
集落の果てにある九州の西端。証明書は市役所の支所でもらえます。
自撮り用のスタンドが用意されていたり、端の方ではかなり先端的です。
見渡せば見える離島の数々を楽しみましょう。
そこまで人でごった返してる場所ではないので、割と独占して写真が撮れるのもよい所


佐多岬

f:id:yananann:20190503002654j:plain



到達難易度:★★☆
達成感:★★★
九州の一番南。残り40kmからが永遠のように遠く思える最南端
道中はソテツやガジュマルの木、サルに狸に、開聞岳など見どころ抜群
南国というロケーション柄、真夏にアクセスするのが超おすすめです。
フェリーさんふらわあで朝、別府湾に到着してから下道縛りで挑む場合
昼食をとる余裕もないほどタイトな時間になるので、できれば近場で一泊したほうが良いです。


高那崎

f:id:yananann:20190503002035j:plain



到達難易度:★★★
達成感:★★★
沖縄でもさらに南の波照間島にある南端です。
宗谷岬とは対極に位置する、東屋と石碑がポツンとあるだけのシンプルな作りです。
全く観光地化されていない事が強みで、最果ての真っ青な海を見ながら、
売店で買ったお酒を飲みながらゆっくりしたり好みの空模様を待ったりできて最高です。
アクセスは飛行機で沖縄-石垣島、高速船で波照間島で、そこから自転車が必要。
特に高速船が欠航することが多いのでなかなか難しい
現地の宿も飛び入りで予約するには困難なため、さらに難しい。


西崎

f:id:yananann:20190503002745j:plain

到達難易度:★★★
達成感:★★☆
沖縄の一番西側、もう本島より台湾の方が近い所です。
アクセスは沖縄-石垣島与那国島まで全部飛行ですが、与那国島はプロペラ機です。
与那国空港からはスクーターを借りていくのが良いです。
納沙布岬と同様、政治色のある独特の地ですが、やはり良いものです。
天気が良いと台湾が見えるらしいですが、その季節は教えられていません。
なぜならその季節にしか観光客がこないから、と現地の人が言ってました。

 

大間崎


到達難易度:★★☆
達成感:★★☆
青森の一番北です。とにかく遠く、そしてマグロです。
八戸からむつ市までが遠く、むつ市から大間町までがまた遠いのでじっくり腰を据えていきましょう
佐多岬同様、残りの距離が見えてからが遠い所で、人が多いので盛り上がります。
薬研温泉や恐山があるのでついでに行ければグッド

 

魹ヶ崎

f:id:yananann:20190503002838j:plain



到達難易度:★★★★
達成感:★☆☆
岩手の一番東です。駐車場から端までが全ての岬の中で一番遠く、往復2時間かかります。
震災の影響あり近場のキャンプ場が閉鎖されてましたが、現在は復旧しているとか。
アクセスは宮古側からがおすすめですが、南から行くと強烈な道中で達成感が増します。


毘沙ノ鼻


到達難易度:★☆☆
達成感:★☆☆
山口の一番西で場所柄アクセスが容易で、またその付近に焼却場があり、あまり達成感がない所ではあるのですが
近場には下関と角島というどちらも最高の場所があるので、ついでによるのがおすすめです。

 

潮岬

f:id:yananann:20190503003025j:plain



到達難易度:★☆☆
達成感:★★☆
和歌山の一番南の本州最南端です。キャンプ場もありロケーションも抜群です。
温泉あり買い出しもでき抜群です。結構温暖な気候で本州からは割と手軽にアクセスできそして達成感もあり。
他の岬と比べ風が強いのでキャンプする際はしっかりペグダウンを。

 

ライフロギング

科学を否定するならインターネットやめろ!!!!!
という書き出しからスタートです。

 

・・・これは信者ですね

技術書展に行ってきました。
何冊かは買って読んだり積んだりするものを選定してる途中ですが
概ね良い収穫を迎えることができました。

読了したものについて、後日ここに感想を書くかもしれないし
書かないかもしれません。

 

ここから下は、科学と技術はほぼ同義で扱うとして
ぼんやりと書き連ねます。140文字で収まらないのでブログです。

というか140文字越える中身をついったーに書くな!!!!
長文スクショツイートやめろ!!
連続ツイートやめろ!それはもう呟きじゃねぇ!
老害すぎるぜ、過激派上等です

続きを読む

PX-W3U4でTVTestの再構築

このブログは個人用メモなので人によっては参考になる部分もあるかもしれないですが、あまり信用のできるものではありません。

 

TV録画サーバーを立てようとすると、毎回お世話になるのがTVTestやSpinel3やEpgCas_Bonだったりするんだけど、諸般の事情で再構築が必要になると見事に記憶からは飛んでいて面倒なのである。

しかもその当時参考にした文献が現在も残っているとは限らないし、バージョンが更新されてれば手順も変わっていたりもするわけで、再構築はいつも難しいものです。

ちょうど時間ががっつり取れたので再構築したのでメモです。

ほとんどの情報はここからいただきました。
この記事でわからない事があれば大抵ここにあるかと思います。

warasuke.blog.jp

 

続きを読む